スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
へいろくトンネル
- 2008/09/11(Thu) -
heiroku_01.jpg
追浜に来たついでに、前から気になっていた「へいろくトンネル」に
行ってみました。追浜町2丁目から追浜東町にある浦郷小学校の
裏につながるトンネルです。

話には聞いていましたけど、なんとまぁ天井の低いトンネルで。
久里浜の千駄ヶ崎の裏道にあるトンネルを思い出しました。
2mちょっと位でしょうか。人はなんとか大丈夫でしょうけど、車は
軽が精一杯かな!?

heiroku_02.jpg
中はこんな感じ。フラッシュは焚いてません。意外に明るいです。
このトンネルの名の由来はいくつかあるようですが、地元の知人に
聞いたところ、ヘイロクさんが作ったという説が濃いようです。
ちなみに、漢字では「平六」と書くそうです。

heiroku_03.jpg
トンネルの反対側。上には大きな竹林があります。

heiroku_04.jpg
トンネルを抜けたら目の前が浦郷小学校。追浜側の子ども
たちはトンネルを通って学校へ通っているって訳です。
子どもたちにとって、なくてはならない大切なトンネルです(^-^)ノノ
余談ですが、この近くに普通サイズの軽トラが1台…。
もしかしてこのトンネルを通ってきたのかな!?すっげ?!

9月9日撮影。


↓↓ランキング参加中!ぜひ応援のポチっ!を願いしまーす!(^O^)ゞ
ポチっとお願いしまーす♪

☆9月11日夜現在・関東地域で29位!ありがとうございます(^-^)ゞ

スポンサーサイト
この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
鷹取山へ…
- 2008/09/10(Wed) -
taka_park01.jpg
追浜・鷹取山にやってきました?!って、ここに来たのは
約20年ぶり。山登りでもしないと来れない場所なのかと
思ってましたが、鷹取小学校の裏手の遊歩道から簡単に
行けるんですね。知らなかった…(笑)

この鷹取山は、明治から昭和初期にかけて石の採取が
行われたところで、垂直に切り立った岩が特徴です。
と言うことで、ロッククライミングの格好の練習場になって
いるようで、ハーケンの跡が無数にあります。
展望台のあるこの岩山が山頂のようです。

※ロッククライミングは許可なしではできません。

taka_park02.jpg
展望台からの眺め。素晴らしいですね?(^O^)ノノ
訪れたこの日は適度な風もあり、眺めのよさと心地よさで
うっとりしてしまいました。
この画像は追浜市街、金沢区方面。すぐ下にあるのが
鷹取小学校です。
お天気がよければ、西側に富士山も見えることがあるとか。

taka_park03.jpg
小学校6年生の遠足の時、ここで集合写真を撮りました。
なつかしい!神武寺からこの場所を通って京急田浦駅
まで歩きました。今では歩く気になりませんが…(笑)

taka_park04.jpg
山頂周辺にはこのような場所がいくつかあります。
これも石切の時にできたものなのでしょうか。
近くには岩を掘って出来た磨崖仏(まがいぶつ)がある
そうで、早速見に行ってみることに。

taka_park05.jpg
追浜駅への道標。何もそんなところに貼らなくても…(笑)
磨崖仏へはここを通ると行けるようですが、途中で道を
間違えたのではと勘違いして、引き返してしまいました(^_^)ゞ
お腹も空いてきたので、またの機会に行くことに…(笑)

taka_park06.jpg
鷹取山公園。遊具はないけど、この絶景があれば何も
入りません(笑)。トイレや自販機、管理事務所があります。

taka_park08.jpg
これが磨崖仏。遊歩道から撮りました。ちょっ遠いけど(笑)
以前、宇都宮で見た大谷磨崖仏より小さいけど、とても
立派に作られています。昭和40年頃に作られたとか。

taka_park07.jpg
鷹取は桜並木でも有名ですが、この遊歩道もステキな
桜並木だそうです。来年の桜の時期にはぜひ…。

9月9日撮影。


↓↓ランキング参加中!ぜひ応援のポチっ!を願いしまーす!(^O^)ゞ
ポチっとお願いしまーす♪

☆9月10日夜現在・関東地域で28位!ありがとうございます(^-^)ゞ

この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
倉庫と引込み線
- 2008/09/09(Tue) -
taura_port01.jpg
古びた倉庫と錆びれたレール。ちょっとレトロチックな街並みの
この場所は田浦港町。この辺りは旧海軍の軍需部があった
ところで、倉庫の他に、水雷学校や弾薬庫などがありました。
現在、建物の一部や倉庫などは、海上自衛隊や民間の倉庫
会社が使用しています。

レールは国鉄(現・JR)からの引込み線で、物資の輸送の
ため近年まで稼動していたようですが、現在は廃線となって
いるようで、ところどころ埋め立てられています。
完全に撤去にされないうちに、記録としてカメラに収めて
おくことにしました。

taura_port02.jpg
歴史を感じさせるレトロな倉庫。周辺にはこのような倉庫が
いくつもあります。

taura_port04.jpg
ガーター橋。これもいい感じなのですが、かなり老朽化して
いるようで危険です。(立入は絶対にダメ!)
ちなみに、下を流れる川には、小魚やカニがたくさんいました。

taura_port06.jpg
箱崎踏切。もう動くことはないのでしょうね。遮断機は最初から
なかったような感じです。

taura_port05.jpg
踏切構内にある交差レール。道路沿いのレールと、田浦駅
構内からのレールが交差しています。このような平面での
交差はとても珍しいとか。

taura_port07.jpg
道路沿いのレールは、以前はこの先にある比与宇トンネル内
まで伸びており、トンネル内で弾薬の積み下ろしが行われて
いたとか。そして、田浦駅方面からの貨物のスイッチバックの
役割も果たしていたようです。
1つのトンネルに車道と軌道があるのは、これまた珍しいケース。
現在は、トンネル手前でレールが埋め立てられています。

taura_port08.jpg
もう使われることのないポイント。手動とは驚きです。
現役稼動時代の様子が見たかったです。

taura_port09.jpg
歴史的にも貴重なこの街並み、レールと共にいつまでも
残して欲しいものです。

9月9日・田浦港町にて。

※周辺の一部区域は立ち入り禁止となっています。
※平日は意外に交通量が多いので、訪れる際はご注意を。


↓↓ランキング参加中!ぜひ応援のポチっ!を願いしまーす!(^O^)ゞ
ポチっとお願いしまーす♪

☆9月8日夜現在・関東地域で27位!ありがとうございます(^-^)ゞ


この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
慌しく梅の里へ
- 2008/03/12(Wed) -
梅の里へGO!
今日は早朝から田浦梅の里の開花チェック…。のはずが寝坊!
風邪を引いてなんだか熱っぽい。だけど今週は今日くらいしか
行けないので、1時間遅れで梅の里へGOGO!(^-^)ゞ

実はこの後別のところに行かなくてはならなかったので、滞在
時間はわずか20分程。時間がもったいなので、途中景色を
楽しみつつ、小走りで階段を駆け上がるよいとこ。
こんなことやってるのはきっと私くらいだろうなぁ(笑)

紅梅も見頃
先週と比べると、白梅は既に散り始めているところがあり、
紅梅は中腹付近でかなり見頃になってきていましたよ。
さらに、遅咲きのセイヨウスイセンも見頃になっていました。
来るなら今がチャンスかも。でも金曜日は雨の予報なので、
これで散ってしまわなければいいのですが…。

ひろびろ?!
芝生広場。さすがに朝早く来ているのは、管理人のおじちゃんと
掃除のおばちゃんのみ。観光客はだ?れもいない!
う?ん、思わずゴロ?ンとしてのんびりしたい!と思いつつ、
既に時間がかなりオーバーしていたので、サっと写真を撮って、
再び小走りで下山。慌しく梅の里を後にしましたとさ(笑)




この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
田浦梅の里@3月6日
- 2008/03/06(Thu) -
田浦"梅の里@3月6日"
今日は確定申告を早々に終え、またまたやってきました梅の里。
先週( 2月28日 )と比べ、ずいぶんと咲いてきました。
それに比例して、訪れる人の数も増えてきました。

まもなく満開

白梅がメイン!?
咲いているのは白梅が目立ちますが、紅梅も少しづつ咲き始めて
います。

気持ちのよい眺め
芝生広場より。いつみてもいい眺めですね?(^-^)ノノ
中腹から広場に向かう辺りがよく咲いていてキレイです。

見頃の予想は今週末?来週辺りにかけて。満開になった
梅の花が訪れる人々の心を癒してくれることでしょう…。

IMG_2786A.jpg
広場では、お弁当を広げる人、絵を書く人、ゴロっと寝転がる
人、そして私のように写真を撮る人など実に様々です。
お天気のいい日にこんな広々としたところで昼寝でもしたら、
さぞかし気持ちいいでしょうねぇ(笑)

また来週のどこかで見頃の梅の里の様子をリポートしてきます。
どうぞお楽しみに^^



この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
田浦梅の里@2月28日
- 2008/02/29(Fri) -
田浦梅の里@2月28日
2008年2月28日の田浦梅の里です。ちょっと出かけた帰りに
様子を見に行ってきました(^-^)ノノ
10日程前に来た時よりも少し咲いてきていますが、それでもまだ
2?3分咲き位。場所によっては全然咲いていないところもあります。

見頃はまだ先…
よく咲いているのは、大きな鉄塔がある辺りと、芝生広場に向かう
手前の中腹辺り(ばらつきはありますが…)
見頃はまだ先のようです。3月上旬?中旬位かも。

見事に咲いた梅
見事に咲いた梅。ほのかな甘い香りも素敵です。

紅梅はまだまだ蕾み
紅梅はまだほとんどがつぼみの状態でした。

芝生広場からの眺め
寝不足でちょいとフラフラの体で登った階段はキツかったですが(笑)
頂上付近からの素晴らしい景色を眺めていたら、疲れが吹っ飛んで
しまいました。


この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
たかのチェーンのお団子
- 2007/10/10(Wed) -
たかのチェーン追浜店
今日のお出かけ帰り、バイクで追浜を通過する時に立ち寄ったお店です。
「たかのチェーン」は、東京・神奈川を初めとする首都圏地域に展開して、
和菓子や寿司弁当を販売しています。
元職場の同僚から、ここのお団子とかは、とっても安くておいしいのよ?と
聞いていたので、いつか寄ってみたいな?と思ってました(^-^)ノノ

今回はお団子をGET!
今回GETしたのは、左から、みたらし(40円)、ごまだれ(50円)、
きなこあん(50円)の3アイテム。安いとは聞いてましたけど、本当に
安い!他の商品も50円?80円程度と、まさに庶民の味方です!
(※きなこあんは、時間が経ってから画像を撮ったので湿ってます)
全て自家製のようです。それでこの価格は素晴らしいですね?。
お味の方もなかなか。おやつや手土産にオススメですよ♪(^O^)v


【たかのチェーン追浜店】
追浜駅近くのエルシャンテビル前。追浜南町交差点の手前にあります。
月曜日定休。

たかのチェーンHP→http://www.takano-fc.net/

この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
菜の花咲いています(田浦梅林編)
- 2007/02/27(Tue) -
20070227211856.jpg

20070227211909.jpg

20070227211923.jpg
【梅林の中の菜の花花壇】
先日行った田浦梅林の管理事務所前の花壇に咲いていた菜の花です。
数は少なめですが、キレイに咲いています(^-^)ノノ
管理は地元自治会や花のボランティアの方々が行っているそうです。
空いている畑や広いスペースもたくさんあるので、菜の花を植えて
菜の花畑や広場でも出来たらいいな?と思いました。

これで菜の花がたくさん咲いている場所は撮りつくしたように思いますが、
実はまだ1箇所ありまして、そこはまだ咲いていなくてこれからなんです。
ラストにそちらをアップして、今年の菜の花特集は終了とします。
同じような記事ばかりですが、もうちょっとお付き合いくださいませ(^^)ゞ
この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今が見頃!田浦梅の里
- 2007/02/27(Tue) -
田浦梅の里に行ってきました!
田浦梅林(梅の里)に行ってきました。これまでに何度か訪れましたが、
眺めはいいし、梅はキレイだし、と?ってもよいとこです(^-^)v
ちょっと風がありましたが、まずまずのお天気でした。

田浦郵便局のバス停から歩いて15分位。梅林へ行くにはコースが
2通りありますが、今回は田浦小学校前?田浦大作町経由で歩いて
みました。平日・午前中の早い時間とあってか、人通りは少なめでした。

20070226231513.jpg
田浦大作町側から登り、最初の階段を登ると、田浦梅林発祥の地の
碑があります。田浦梅林は、昭和9年に皇太子殿下(現在の天皇陛下)の
ご生誕を記念し、地元有志の方が大六天神を中心として、700本の
梅を植樹したことに始まります。その後、地元在住で詩人の石川宏さんが、
昭和51年にこの山一帯の約36万平方メートルを横須賀市に寄付され、
昭和57年には横須賀市がこの梅林を含む敷地を整備して梅を植樹し、
田浦緑地として開園。平成14年には田浦梅の里に改称しました。
現在は約2700本もの梅が植えられていて、春になると見事な花々を
楽しむことができます。大六天神は、この記念碑の裏側にあります。

20070227081430.jpg
開花状況はほぼ満開。ただ、ここ数日の強風の影響で、少し散って
しまっている木もありました。行かれるならお早めの方がいいかも
知れません。
階段が多いので、軽装がいいですね。丘の上に着くまではちょっと
大変かも知れませんが、キレイな梅の花と上に着いたときの眺めの
よさで疲れも癒されると思います(^-^)ノノ

20070226222933.jpg
大六天神の周辺にたくさん咲いていた白梅。種類は忘れてしまいましたが、
白加賀だと思います(違ったらゴメンナサイ…)。

20070226222039.jpg
こちらは養老(だと思います)。本当にキレイに咲いていて、しばらく
眺めていました。香りも楽しみたかったのですが、風邪で鼻が詰まって
いて全然ダメでした(笑)

20070226230102.jpg
緩やかな上り坂。梅の花を楽しみながらのんびりと歩きました。沿道には
水仙も植えられていますが、さすがに咲いている花はほとんどありません
でした。

20070227003700.jpg
丘の上からの1枚。田浦港や住友のクレーンなどがよく見えました。

20070226225753.jpg
数年前に行われた公園植樹事業で植えられた梅の木も何本かあり
ました。まだまだ小柄ですが、見事に咲いている木もありました。
実は、このそばに滑りやすくなっているところがあり、うっかりその
上を歩いてしまい、あやうく尻餅を突くところでした(笑)。雨の日の
翌日などはご注意を…。

20070226223557.jpg
とっても眺めのよい展望台です。高いところがニガテな私にはちょっと
キビシイものがありますが(笑)。らせん階段を登って展望台の上へ。

20070226223831.jpg

20070227004723.jpg

20070227004359.jpg
展望台からの眺め。遠くは横浜のランドマークタワーもよく見えます。
休憩は1枚目の画像に写っている広い丘辺りがオススメ。お天気の
よい日にのんびり寝そべってみるのもいいかも知れません。
近くには、トイレや水飲み場、ベンチもあります。自販機などは一切
ありませんので、必要な方は商店街で購入するなど、予め持参して
ください。ゴミは全て持ち帰ってくださいね(^-^)ノノ

20070226224033.jpg
小規模ですが、アスレチックもありますよ?(^O^)ノノ

20070227090028.jpg
この山の寄贈者である、詩人・石川宏さんの詩碑です。
「土の呼吸を 肌で感じる丘の広場に 私は翳(かげ)りなき魂の故里をみる」

20070226225516.jpg
帰りは田浦泉町側に降りてみました。階段を降りきったところで、
地元民芸品友の会の方々の手作り民芸品を販売しています。
素晴らしい作品ばかりでした。これから見物に行かれる方々で
賑わっていました。甘酒のいい香りも漂っていましたよ(^-^)ノノ 
(販売は期間限定で2月25日?3月4日・10時?15時)
3月4日・11日には別途出店(飲み物など)がある予定です。
いずれも10時?15時。雨天中止。

20070226225535.jpg
田浦泉町側入口に咲いている枝垂れ梅。画像では分かりにくいかも
知れませんが、大きくて見事です。こちらも今が見頃だと思います。

【2007たうら大道芸開催】
とっても楽しく賑やかな大道芸が田浦で行われます。他にもパレードや
ミニ列車など、お子さんから大人まで楽しめるイベントです。お休みの
日に梅を楽しみつつ、イベントも楽しまれてみてはいかがでしょうか。
開催日:2007年3月11日(日)10時?15時30分。
※詳しくは 2007たうら大道芸 のホームページをご覧ください。

この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
菜の花咲いています(鷹取川のほとり編)
- 2007/02/22(Thu) -
20070222165603.jpg

20070222165617.jpg

20070222165652.jpg

20070222170240.jpg
【学校・家庭・地域の心を結ぶフラワーライン】
鷹取川のほとり、追浜行政センターから追浜中学校前あたりに咲く
菜の花です。少し散り始めていたようですが、とってもキレイに
咲いてましたよ?(^O^)v

ここの菜の花は、追浜中学校のPTAや地域の方々のボランティア
によって管理されているそうです。さわやかなお天気と心地よい風に
吹かれ、菜の花の香りが辺りに漂っていました。

この景観は、先日発行された「市民が選ぶ景観100選」に掲載されて
います。まだもらっていないという方は、市役所や行政センターなどで
配布されていますので、ぜひご覧になってみてください。あなたの
お気に入りの場所があるかも知れませんよ?(^-^)ノノ

この記事のURL | 追浜・田浦 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。